クラリティPHEVとプリウスPHVの燃費を比較

クラリティPHEVとプリウスPHVを比較クラリティPHEV

知ってました?ディーラーの下取り査定のみで車を手放すと大きく損をすること

本当はもっと高く売れた車なのに、相場より安く買いたたかれていたことに気付いていないケースも珍しくありません。

買取相場を知らなければ、ディーラーで提示された下取り査定額が安いこともわからないため、愛車の本当の価値を知らないまま手放しているオーナーも多いです。

無料一括査定であれば、それぞれの特徴をもった複数の買取店が競合するため、愛車の最高額が簡単にわかります。

ネット上で買取相場の確認もできるため、売るタイミングを検討したい方や大まかな価格を知りたいという方にも無料一括査定を試してみる価値は十分にあります。

 

\買取相場をWeb上で確認できる/

国内トップレベルのEV走行距離を発揮するホンダ・クラリティPHEV。

次世代環境対応車でもあるクラリティPHEVの燃費がどうのようなものか、トヨタ・プリウスPHVと比較をしてみました。

スポンサーリンク

PHEVとPHVの違い

充電器の認証機

本題に入る前に、まずはPHEVとPHVの違いについてご紹介します。

PHEVとPHVの違い、実はシステム的には全く同じであり自動車メーカーによってその呼び名を変えているだけなのです。

因みに、PHEV・PHVのシステムとしては、HVと違い外部から電気を充電することができ、基本的に電気の力で走ります。

PHEV・PHVに搭載されているエンジンはあくまで補助的なものです。

クラリティPHEVとは

クラリティ PHEVについて

画像:ホンダ

クラリティPHEVとは、ホンダが2018年7月20日に発売したプラグインハイブリッド車。

クラリティは2016年に発売された燃料電池車であるクラリティフューエルセルから始まり、北米限定モデルのクラリティエレクトリックの販売を経て、クラリティPHEVの販売へとつながっていきました。

ライバル車は同システムを持つプリウスPHVです。

車両価格は588万円と決して安くはないものの、その値段に見合うだけの性能はあります。

クラリティPHEVの車格

クラリティPHEVは全長4,915mm、全幅1,875mm、全高1,480mmの3ナンバー車です。

また、車重は1,850kgでホイールベースが2,750mmと長距離のドライブも楽にこなせる車格です。

クラリティPHEVの燃費

それでは、クラリティPHEVの燃費はどの程度なのでしょうか。

メーカー公式の情報によるとなんとEV走行だけで101km/l、ハイブリッド走行時でも24.2km/lと驚異の燃費を誇ります。(WLTCモード)

因みに、101km/lの燃費は国内トップクラスの燃費です。

プリウスPHVとは

プリウスPHVについて

画像:トヨタ

プリウスPHVはトヨタから販売されているプラグインハイブリッド車で既にHV車として名を馳せているプリウスをベースとしています。

プリウスPHVの初期モデルは2011年にさかのぼり、現在まで販売を続けており値段は326万円とライバルのクラリティPHEVに比べて控えめの価格となっています。

プリウスPHVの車格

プリウスPHVはHV車であるプリウスがベースとなっているため、基本的にはプリウスと同じ車格であり全長4,645mm、全幅1,760mm、全高1,470mmの車格です。

また、重量は1,530kgでホイールベースは2,700mmと、クラリティPHEVと比較すると車重は約300kgほど軽く、ホイールベースは50mm短いです。

クラリティ
PHEV
プリウス
PHV
ホイール
ベース
(mm)
2.7502,700
重量
(kg)
1,8501,530

しかし300kgも軽い車重は燃費に大きく貢献することでしょう。

プリウスPHVの燃費

プリウスPHVの燃費はEV走行だけで68.2km/l、ハイブリッド走行時でも37.2km/lとクラリティPHEVと比較すると燃費は劣るものの、それでもかなりの低燃費を実現しています。(JC08モード)

また、クラリティPHEVに搭載されているエンジンは発電機のような役割を担っていますがプリウスPHVに搭載されているエンジンは通常のガソリン車のように運用することも可能です。

まとめ

クラリティ
PHEV
プリウス
PHV
燃費 km/l
(JC08モード)
EV走行 114.6
HV走行 28.0
EV走行 68.2
HV走行 37.2
全長(mm)4,9154,645
全幅(mm)1,8751,760
全高(mm)1,4801,470

クラリティPHEVとプリウスPHV、どちらも次世代環境対応車として注目を浴びています。

クラリティPHEVは値段こそ高いものの驚異的なEV航続距離を誇り、ほとんどEV車と変わりがない運用が可能で、プリウスPHVは値段は普通車レベルの値段ながらEV走行も可能なガソリン車として運用することが可能です。

極力ガソリンを使わずに電気の力で長距離を走りたい方はクラリティPHEVを、ガソリンも併用した走りをしたい方や購入費用を抑えたい方はプリウスPHVを選択するのがおすすめです。

「お得に車を買い替えるコツ」それは一括査定を上手く活用することです

車を買い替える際には注意することがあります。

それはディーラーの下取り査定のみといった、1社だけの査定で売ってしまうと大きく損をすることです。

本当はもっと高く売れた車が、数十万円も安い価格でディーラーに下取りされています。

一括査定を活用すれば、「SUVの買取に強い買取店」「ミニバンの買取に強い買取店」「軽自動車の買取に積極的な買取店」といったそれぞれの特徴をもった買取店が競合するため、愛車の最高額が簡単にわかります。

一括査定を利用し査定依頼をしても料金が発生することなどはなく、無料で利用できます。

また、愛車の買取相場を知っておけば、その買取相場をもとにディーラーとの下取り価格交渉にも活用することができ、良い条件を引き出せる可能性が高いです。

少しの時間をかけるだけで大きなメリットがあるので、一括査定を試してみる価値は十分にあります。

 

\ネット上で買取相場がすぐにわかる/

 

「新車が欲しいけど予算内に収まらない!」という方は新古車が狙い目

どんなに交渉しても予算内に収まらないという方は、新古車(未使用車)を検討してみましょう。

新古車とは、ナンバーが登録済みの未使用車のことで、走行距離も少なくほぼ新車同然の中古車を指します。

しかし、ディーラーで「新古車ください」なんて言っても出てくるわけがありませんし、一般人の私達が新古車を探してもなかなか上手く見つけ出すことは難しいです。

そういった場合に上手く活用したいのがズバット車販売です。

ズバット車販売

インターネット上で掲載されている中古車情報は全体の約30%ほどです。

ズバット車販売なら、残りの70%の非公開車両情報から今狙っている車種の新古車を探すことも可能です。

アフターサービスや保証も充実しているため、自分にピッタリの新古車をお得に、そして安く探すことができます。

 

\もちろん無料で利用できます/
スポンサーリンク
クラリティPHEV ホンダ
フォローする
車あるあるこんなのどう!?
タイトルとURLをコピーしました