新型CR-V7人乗りの価格やサイズをライバル車と比較!

新型CR-V7人乗りの価格やサイズ

知ってました?ディーラーの下取り査定のみで車を手放すと大きく損をすること

本当はもっと高く売れた車なのに、相場より安く買いたたかれていたことに気付いていないケースも珍しくありません。

買取相場を知らなければ、ディーラーで提示された下取り査定額が安いこともわからないため、愛車の本当の価値を知らないまま手放しているオーナーも多いです。

無料一括査定であれば、それぞれの特徴をもった複数の買取店が競合するため、愛車の最高額が簡単にわかります。

ネット上で買取相場の確認もできるため、売るタイミングを検討したい方や大まかな価格を知りたいという方にも無料一括査定を試してみる価値は十分にあります。

 

\買取相場をWeb上で確認できる/

新型CR-Vのガソリン車では3列シート7人乗りの設定があります。

近年、ミドルサイズSUVのおいても7人乗りモデルの採用が増加傾向にあります。

そこで今回、新型CR-V7人乗りモデルの価格やサイズはどんなものなのか、ライバル車と比較を交え、まとめてみました。

スポンサーリンク

新型CR-V7人乗りのスペック

新型CR-V7人乗り

画像:ホンダ

ホンダの新型CR-Vには、5人乗りに加えて7人乗りも選択肢に用意されています。

グレードはEXを始めとして、EX・Masterpieceとハイブリッド仕様のEXや、同じくハイブリッドのEX・Masterpieceがあります。

この内、ハイブリッドEXとハイブリッドEX・Masterpieceは5人乗りのみなので、実質的に7人乗りはEX系(ガソリン車)に限定されます。

EX系のパワードレインは両方共に1.5Lターボと無段変速ATの仕様で、価格帯はいずれも300万円から400万円となっています。

EX

  • 〈FF/7人乗り〉:3,421,440円
  • 〈4WD/7人乗り〉:3,637,440円

 EX・Masterpiece

  • 〈FF/7人乗り〉:3,814,560円
  • 〈4WD/7人乗り〉:4,030,560円

全グレードに共通するボディサイズは全長4605mm、全幅1855mmで全高は1680から1690mmの間です。

全体的に大型化しているので、従来の2016年モデルと比べるとやや大きめの印象が与えられます。

一方ではホイールベースは2620mmから2660mmに、車両重量は1460kgから最低でも1520kg、最高だと1700kgに増えています。

これは7人乗りが想定された結果で、新型CR-Vではスペックだけでも大幅に変わっていることが窺い知れます。

ボディの色は全部で6種類あって、シートは3種類と選べる組み合わせが楽しめます。

新型CR-V7人乗りとエクストレイル(7人乗り)を比較

エクストレイル

画像:ニッサン

新型CR-Vとエクストレイルの7人乗りを、ローグレード同士で比較すると、様々な違いや魅力が見えてきます。

ハロゲンヘッドライト搭載のエクストレイルに対し、新型CR-VはLEDヘッドライト搭載で進化が見え隠れします。

新型CR-Vはカーナビを標準装備ですが、エクストレイルはオプション扱いなので、その点からして違います。

インターナビ

画像:ホンダ

また、新型CR-Vは電動パワーシートを採用していますが、エクストレイルはマニュアルシートですから、こういった細かな使い勝手で差が付くでしょう。

シートの快適性はシートヒータの違いにもあって、新型CR-Vにはカーナビと同様に標準で搭載されますが、エクストレイルはなしなので寂しいところです。

音響面では、新型CR-Vの8スピーカーエクストレイルの4スピーカと、数だけでも単純に差があります。

実際のところは聞いてみなければ分かりませんが、装備の差を比較してこれほどまでに違いがあれば、出てくる音の美しさや迫力も大きく異なると考えられます。

安全装備は全面的に新型CR-Vに軍配が上がるので、家族や友人達とワイワイドライブするなら、隙がなく安心して乗れる新型の7人乗りが狙い目となるでしょう。

ボディの質感やエンジンにも期待が掛かりますから、期待値だけでもエクストレイルとは大きな差があります。

価格だけを比較すると若干、新型CR-V高くなっています。

CR-V 7人乗り

  • 342万円~403万円

エクストレイル 7人乗り

  • 262.1万円~348万円

新型CR-V7人乗りとCX-8(7人乗り)を比較

CX‐8と比較

画像:マツダ

CX-8は全長が4900mmと、4605mmの7人乗り新型CR-Vに比べてかなり大きめの車両サイズです。

全幅は1840mmなのでややCX-8が優位ですが、全高は1730mmもあるので、全体的に大きく重心も高い印象です。

重量を比較してみると、新型CR-Vは1520kgから1700kgの間ですが、CX-8は更に上回る約1800kgなので燃費が気になってきます。

燃費は新型CR-Vがハイブリッドでリッター25.8km、ガソリン車だと同じくリッターあたり15.8kmと公表されています。

ガソリン車の燃費

CX-8はクリーンディーゼルで17kmの燃費ですから、新型CR-Vの中間といった性能だといえるでしょう。

CX‐8の燃費
この比較は安価なグレード同士で比べたものなので、CX-8の約320万円という価格は無難なところです。

新型CR-Vは342万円~ですから、購入を検討する際は、金額よりもスペックの差をどう考えるかが重要となります。

CR-V 7人乗り

  • 342万円~403万円

CX-8 7人乗り

  • 320万円~419万円

新型CR-V、CX-8ともに7人乗りを用意しているので、直接的に競合する車種同士となっています。

ボディデザインやシートの質感に乗り心地など、他にも差がある両者なので、より詳しく比較して検討を行う必要があるでしょう。

 

 

新型CR-V7人乗りとアウトランダー(7人乗り)を比較

画像:ミツビシ

アウトランダー7人乗りのサイズは、全長4695mmに全幅1810mm、全高が1710mmとなっています。

新型CR-Vと比較して大きな違いはないので、お互いを直接的に見比べても、大きさで差が付くことはないでしょう。

重量はアウトランダーが1480kgから1570kgとなっているので、やや新型CR-Vよりも重めですが、それでも気になる差とはならないです。

ただ、燃費はアウトランダーが約14~16km止まりですから、ハイブリッドの新型CR-Vと比べてしまうと、アウトランダーは苦しい傾向です。

アウトランダーの燃費(JCO08モード)

アウトランダーの燃費

というのも、あまり燃費の良さをアピールしている車種ではなく、他の点で勝負している車なので、燃費のみを直接的に比較するのは無理があります。

エクステリアの質感や居住性の高さに、積載と収納はアウトランダーも健闘していますから、そういったところは良い勝負ができるものと思われます。

乗り心地や走行性能に関しても、アウトランダーは近年注目が集まっている傾向ですし、価格を考慮すれば納得できると評価されています。

CR-V 7人乗り

  • 342万円~403万円

アウトランダー 7人乗り

  • 226.9万円~335.6万円

何より、現行モデルのベースは2012年の登場なので、最新の車種と比べて劣る点があるのは当然でしょう。

むしろここまで健闘しているわけですから、ライバル車として相応しい相手となります。

 

まとめ

新型CR-V7人乗りのまとめ

画像:ホンダ

手堅くまとめてきた新型CR-Vには、競合するライバルが数多く、激戦区に挑戦を挑む形での登場です。

注目度の高さ故に、消費者の厳しい目線で評価されますが、今まで築き上げてきた実績を揺るがすことのない安定感があります。

久しぶりのフルモデルチェンジなので、期待感がとても高まっている中での登場ですし、着実な進化を遂げているようなので一安心です。

最終的な評価が固まるのはこれからでしょうが、既に良い反応が沢山あるので、今から購入を検討する人にとっても現実的な選択肢となるでしょう。

これまでCR-Vに乗ってきた人も、新型はまた違った魅力を見せてくれますから、比較したり検討してみるだけの価値があるはずです。

魅力的なボディデザインに、必要なスペックと余裕のある居住性、その絶妙なバランスを持って生まれたのがこの新型CR-Vだといえます。

「お得に車を買い替えるコツ」それは一括査定を上手く活用することです

車を買い替える際には注意することがあります。

それはディーラーの下取り査定のみといった、1社だけの査定で売ってしまうと大きく損をすることです。

本当はもっと高く売れた車が、数十万円も安い価格でディーラーに下取りされています。

一括査定を活用すれば、「SUVの買取に強い買取店」「ミニバンの買取に強い買取店」「軽自動車の買取に積極的な買取店」といったそれぞれの特徴をもった買取店が競合するため、愛車の最高額が簡単にわかります。

一括査定を利用し査定依頼をしても料金が発生することなどはなく、無料で利用できます。

また、愛車の買取相場を知っておけば、その買取相場をもとにディーラーとの下取り価格交渉にも活用することができ、良い条件を引き出せる可能性が高いです。

少しの時間をかけるだけで大きなメリットがあるので、一括査定を試してみる価値は十分にあります。

 

\ネット上で買取相場がすぐにわかる/

 

「新車が欲しいけど予算内に収まらない!」という方は新古車が狙い目

どんなに交渉しても予算内に収まらないという方は、新古車(未使用車)を検討してみましょう。

新古車とは、ナンバーが登録済みの未使用車のことで、走行距離も少なくほぼ新車同然の中古車を指します。

しかし、ディーラーで「新古車ください」なんて言っても出てくるわけがありませんし、一般人の私達が新古車を探してもなかなか上手く見つけ出すことは難しいです。

そういった場合に上手く活用したいのがズバット車販売です。

ズバット車販売

インターネット上で掲載されている中古車情報は全体の約30%ほどです。

ズバット車販売なら、残りの70%の非公開車両情報から今狙っている車種の新古車を探すことも可能です。

アフターサービスや保証も充実しているため、自分にピッタリの新古車をお得に、そして安く探すことができます。

 

\もちろん無料で利用できます/
スポンサーリンク
CR-V ホンダ
フォローする
車あるあるこんなのどう!?
タイトルとURLをコピーしました