新型CR-VとCX-8を比較!どっちがおすすめ?

新型CR-VとCX-8を比較

知ってました?ディーラーの下取り査定のみで車を手放すと大きく損をすること

本当はもっと高く売れた車なのに、相場より安く買いたたかれていたことに気付いていないケースも珍しくありません。

買取相場を知らなければ、ディーラーで提示された下取り査定額が安いこともわからないため、愛車の本当の価値を知らないまま手放しているオーナーも多いです。

無料一括査定であれば、それぞれの特徴をもった複数の買取店が競合するため、愛車の最高額が簡単にわかります。

ネット上で買取相場の確認もできるため、売るタイミングを検討したい方や大まかな価格を知りたいという方にも無料一括査定を試してみる価値は十分にあります。

 

\買取相場をWeb上で確認できる/

2017年12月の登場以来、セールス好調のマツダ・CX-8。

CX-8は、大人の落ち着きと上品なさを感じさせる新しスタイルのSUVです。

今回は、日本に再復帰した話題の新型CR-VとCX-8を比較し、それぞれの特徴とおすすめのポイントを解説したいと思います。

スポンサーリンク

価格を比較

価格を比較

CR-VCX-8
エンジンガソリンハイブリッドディーゼル
価格5人乗り(FF・4WD)
323万円~380.7万円
7人乗り(FF・4WD)
342.1万円~403.1万円
(FF・4WD)
378.4万円~436.1万円
(FF・4WD)
319.7万円~419万円

新型CR-VとCX-8は、競合するライバル同士なので、何かと比較されたり検討候補にあげられます。

価格も比較の際の重要なポイントで、どちらが費用対効果に優れているかなど、様々な角度から比べられる傾向です。

新型CR-Vの価格帯は、7人乗りのFF車だと約340万円から403万円の間で、CX-8は約320万円から400万円となっています。

新型CR-Vは最低価格が20万円ほど高めですが、上限は逆に抑えられていますから、最上位グレードを選択する際にお得だといえます。

逆にCX-8は一番下のグレードがお得な一方で、最上位グレードは新型CR-Vよりも高めです。

両者共に競合する車種ではありますが、微妙に差があるのも事実なので、予算が限られ少しでもお得に買いたい人にはCX-8に軍配が上がります。

新型CR-Vはこれまでよりも値段が高くなった印象ですが、その分品質や魅力もアップしていますから、決してマイナスではなくむしろ妥当です。

総合的な仕上がりだと新型CR-Vに分がありますから、購入後に損をしたと感じる恐れはないと考えられます。

最下位のグレードは、あくまでも入門向けのベースモデルの位置づけなので、オプションを付けたりすると結局は予算が多く必要となります。

それなら最初から上のグレードを目指すのが合理的ですし、最上位グレード同士の比較なら、新型CR-Vがお得で充実感も十分です。

サイズを比較

サイズを比較

CR-VCX-8
全長(mm)4,6054,900
全幅(mm)1,8551,840
全高(mm)1,680(4WD:1,690)1,730

車を選び購入を決めるとなれば、物理的なサイズも見逃すことのできないポイントです。

全長は新型CR-Vが4,605mmで、CX-8は4,900mmと数字の上でも明らかな差があります。

この数字は、小回りやカーブのフィーリングに影響しますから、実際に見たり乗って比較を行うことをおすすめします。

約300mmの差は思いの外大きく、見た目の印象にも関わってくる部分なので、無視することは不可能だといえるでしょう。

全幅は前者の新型CR-Vが1,855mmで、CX-8の方は1,840mmと差は小さく限定的です。

全高で比較してみると、新型CR-Vは1,680mmですが、CX-8では1,730mmと違いが明らかになります。

新型CR-Vの4WDモデルは1,690mmなので、それだと差は縮まりますが、それにしてもCX-8のサイズは全体的に大きめです。

5ナンバーミニバンを上回る大きさと、LLサイズのミニバンに迫るスケールなので、見た目のインパクトは大です。

逆に車内の居住性には余裕がありますから、その点ではメリットがあると思われます。

しかし、外観の大きさは乗り心地や駐車に影響するので、数字に加えて快適に乗れるかどうかで比べることも大切です。

新型CR-Vは程よくまとめられていますから、数字だけで比較して選んでも後悔する可能性は小さいです。

燃費を比較

燃費を比較

CR-VCX-8
エンジンガソリンハイブリッドディーゼル
JC08モード燃費14.6~15.8km/L25.0~25.8km/L17.0~17.6km/L
WLTCモード燃費20.2~21.2km/L15.4~15.8km/L
市街地モード19.1~21.0km/L12.5~12.7km/L
郊外モード21.6~22.1km/L15.3~15.7km/L
高速道路モード19.8~20.7km/L17.5~18.0km/L

新型CR-VとCX-8の比較を進めるなら、燃費も比べて評価する必要があります。

新型CR-Vは、ガソリンFF車のJC08モードだと1Lあたり15.4kmから15.8kmの範囲内に収まります。

後者のCX-8は、同じくFF車で1Lあたり17.6kmの燃費性能ですから、ほぼ互角と見ることができるでしょう。

数字の上ではCX-8に軍配が上がりますが、直接的に比較した対決ではありませんし、何より重量の差が存在するので優劣を決めるのは困難です。

どちらも燃費性能の向上を頑張ったといえますし、新型CR-Vは新型の名に相応しい数値に収まっているイメージです。

CX-8もライバル車に相応しい数字で健闘しているので、比較を行うのに値するだけの価値があります。

ランニングコストの節約ならCX-8が優位でしょうが、元々車体に無視できない重量があるので、大人数や重たい荷物を運ぶと性能が低下してしまいます。

それは新型CR-Vにも共通するポイントではあるものの、CX-8と比べれば軽いですし、重量の差は思いの外大きいですから、一転して優位となるわけです。

カタログスペックなら同等から少し差がある程度で、実際の性能が気になるきっかけとなります。

 

エクステリア・インテリアを比較

新型CR-Vの内装

画像:ホンダ

新型CR-Vのエクステリアは洗練されており、大人っぽさに加えてワイルドな印象も与えます。

しかし自由奔放というわけではなく、コントロールすることのできる大人の魅力が表れています。

CX-8はよりシックな印象で、遊び心は控えめな感じですが、街中でも映えるデザインを採り入れているのは流石です。

インテリアの比較だと、新型CR-Vは上質なシートにアクセントが効いた内装など、早く乗ってみたくなるワクワク感があります。

格好良さと高級感が同居していますから、乗る喜びを感じさせてくれる期待が持てます。

 

 

CX-8の内装

画像:マツダ

CX-8のインテリアも質感に拘っているのが特徴で、レザーや木目にアクセントの金属パーツが上手く組み合わせられています。

CX-8のコクピット

画像:マツダ

メーター類は視認性が良いですし、より大人っぽく仕上げられていますから、これはもう好みの範疇で決めることができるものです。

ただ、新型CR-Vはホイールのデザインが個性的で、好きな人には堪らない魅力がありますから、足回りで比較して選ぶのもありです。

新型CR-Vのホイール

画像:ホンダ

ドライブの快適性に影響するインテリアに馴染むナビゲーションも充実しているので、遊び心と興味を惹き付けるワクワク感なら新型CR-Vに優位性があると考えることができます。

まとめ

新型CR-VとCX-8は、一見似ていて同じように見えても、比較を行えば違いが次々と分かってきます。

新型CR-Vは新型というだけで魅力がありますし、ハイレベルにまとめられている総合的な完成度が窺えます。

CX-8も悪くはありませんが、大きめな全長と重量が性能に影響するので、比較の際にはそこが気になる部分となります。

価格はCX-8の方が少しお得ですが、新型CR-Vは総合力で価格に見合う魅力を満載していますから、これから車を選ぶなら新型CR-Vのおすすめ度が高めです。

グレードを高めて購入を検討するのであれば、尚のこと新型CR-Vの優位性がアップしますし、魅力に感じられる可能性も高まるはずです。

ただし、CX-8はインテリアや燃費性能に力を入れていますから、最終的にはやはり乗り比べて決めるのが理想的です。

「お得に車を買い替えるコツ」それは一括査定を上手く活用することです

車を買い替える際には注意することがあります。

それはディーラーの下取り査定のみといった、1社だけの査定で売ってしまうと大きく損をすることです。

本当はもっと高く売れた車が、数十万円も安い価格でディーラーに下取りされています。

一括査定を活用すれば、「SUVの買取に強い買取店」「ミニバンの買取に強い買取店」「軽自動車の買取に積極的な買取店」といったそれぞれの特徴をもった買取店が競合するため、愛車の最高額が簡単にわかります。

一括査定を利用し査定依頼をしても料金が発生することなどはなく、無料で利用できます。

また、愛車の買取相場を知っておけば、その買取相場をもとにディーラーとの下取り価格交渉にも活用することができ、良い条件を引き出せる可能性が高いです。

少しの時間をかけるだけで大きなメリットがあるので、一括査定を試してみる価値は十分にあります。

 

\ネット上で買取相場がすぐにわかる/

 

「新車が欲しいけど予算内に収まらない!」という方は新古車が狙い目

どんなに交渉しても予算内に収まらないという方は、新古車(未使用車)を検討してみましょう。

新古車とは、ナンバーが登録済みの未使用車のことで、走行距離も少なくほぼ新車同然の中古車を指します。

しかし、ディーラーで「新古車ください」なんて言っても出てくるわけがありませんし、一般人の私達が新古車を探してもなかなか上手く見つけ出すことは難しいです。

そういった場合に上手く活用したいのがズバット車販売です。

ズバット車販売

インターネット上で掲載されている中古車情報は全体の約30%ほどです。

ズバット車販売なら、残りの70%の非公開車両情報から今狙っている車種の新古車を探すことも可能です。

アフターサービスや保証も充実しているため、自分にピッタリの新古車をお得に、そして安く探すことができます。

 

\もちろん無料で利用できます/
スポンサーリンク
CR-V ホンダ
フォローする
車あるあるこんなのどう!?
タイトルとURLをコピーしました