新型CR-Vとフォレスターの安全性能を比較!

新型CR-Vとフォレスターの安全性能を比較

知ってました?ディーラーの下取り査定のみで車を手放すと大きく損をすること

本当はもっと高く売れた車なのに、相場より安く買いたたかれていたことに気付いていないケースも珍しくありません。

買取相場を知らなければ、ディーラーで提示された下取り査定額が安いこともわからないため、愛車の本当の価値を知らないまま手放しているオーナーも多いです。

無料一括査定であれば、それぞれの特徴をもった複数の買取店が競合するため、愛車の最高額が簡単にわかります。

ネット上で買取相場の確認もできるため、売るタイミングを検討したい方や大まかな価格を知りたいという方にも無料一括査定を試してみる価値は十分にあります。

 

\買取相場をWeb上で確認できる/

登場して間もない新型CR-Vとサスペンションの改良により走行性能が格段にアップしたフォレスターを安全性能の観点から比較をしてみました。

スポンサーリンク

安全性能はどうやって決められるのか

そもそも安全性能とはどうやって決められるのでしょうか。

自動車の安全性能試験には55kmでコンクリートの壁に正面衝突させるフルラップ前面衝突試験、対向車とのすれ違い衝突を想定したオフセット前面衝突試験のほか、側面から衝突させる側面衝突試験、後部から衝突させた時の頚部の衝撃具合を見る後面衝突頚部保護性能試験の4試験を行い、試験データを元に安全性能の評価を行います。

下記の動画はオフセット前面衝突試験です。

 

自動車アセスメント:スバルフォレスター:オフセット前面衝突試験

 

因みに、これらは全て独立行政法人自動車事故対策機構NASVAが行っています。

新型CR-Vの安全性能評価

新型CR-Vの安全性能評価はどのような感じなのでしょうか。

先代のCR-Vでは前面衝突、側面衝突共に最高評価のGoodを獲得しており、乗員の安全性を高い次元で確保していました。

新型となったCR-Vでもその評価は例外ではなく、全ての試験で最高評価のGoodを獲得しています。

更にIIHSという機関からは安全性最高評価のトップセーフティーピックプラス(Top Safety Pick+)を獲得しており、自動車事故に対する安全性能が高いことが伺えます。

下記は新型CR-Vのクラッシュテストです。

 

2017 Honda CR-V moderate overlap IIHS crash test

 

新型CR-Vの安全装備

ホンダ センシングについて

画像:ホンダ

新型CR-Vには安全運転支援システムのホンダセンシングが搭載されています。

これは車や歩行者との衝突回避を支援する衝突軽減ブレーキ、アクセルとブレーキの踏み間違いなどによる誤発進を防ぐ誤発進抑制機能、車線外へはみ出さないように支援する路外逸脱抑制機能など、あくまで支援的なものでありながらも安全面にかなり配慮した機能が備わっています。

また、メーター内にドライバーの注意力レベルを表示し、居眠り運転などの際に音で知らせるドライバー注意力モニターも搭載されています。

ドライバー注意力モニター

 

フォレスターの安全性能評価

新型CR-Vと比較した際のフォレスターの安全性能評価はどのような感じなのでしょうか。

スバルは国産車随一の安全性を謳っており、ライバルとしてあのボルボを捉えています。

その安全性は伊達ではなく、なんとフォレスターを含めた6車種がIIHSから安全性最高評価のTop Safety Pickを獲得しています。

 

さすがスバル!3車種が最高評価【米国IIHS衝突安全2017】

 

フォレスターもその評価に恥じない安全性で、乗員が乗るキャビンはCR-Vと同様にほぼ変化はありません。

加えてスバルは敢えて衝突時にフロントが潰れるように作られていますが、これはキャビンへの衝撃を和らげるためです。

いかに安全性が高いかが分かる作りとなっています。

フォレスターの安全装備

アイサイト搭載車

画像:スバル

フォレスターの安全装備にはスバル独自の安全機能であるアイサイトを搭載しています。

CR-Vに搭載されているホンダセンシングのように誤発進抑制機能や衝突回避のための自動ブレーキの他、後退時の衝突回避のための自動ブレーキも搭載されています。

 

最新のスバル アイサイトを実際に首都高で試した! subaru eyesight test

 

それだけでなく前走車に追従するクルーズコントロールなども搭載され、走りだけでなく安全性もしっかりと確保していることが伺えます。

新型CR-Vとの安全性の比較

新型CR-Vと比較すると、車体の骨格作りから安全装備まで全てに抜かりがないフォレスター。

流石はボルボをライバルに捉えているだけのことはあります。

CR-Vと違い敢えてフロントを潰すように作っている車体は、乗員の安全確保を最優先に考えていることの表れでもあります。

しかしながら、CR-Vも先代から熟成を重ねて安全なボディ作りをしているため、安全面では両車とも互角でしょう。

まとめ

新型CR-Vとフォレスター、どちらも高い次元で安全性を確保しておりCR-Vは先代からの経験を得て作られた頑丈なボディと最新の安全装備であるホンダセンシングを搭載しています。

対するフォレスターは、フロントを潰してキャビンへの衝撃をゼロに近い状態で和らげるボディ作りをしています。

安全装備と丈夫なボディで安心できるドライブを楽しみたい方は新型CR-Vを、長距離時でも安心できるドライブがしたい方はフォレスターを購入するのをおすすめします。

車を高く売るなら無料一括査定を活用しよう

1.ナビクル車査定

ナビクル車査定

車を高く売るなら利用者シェア数の多い、ナビクル車査定がおすすめです。

ビッグモーター、カーチスといった大手買取店同士が競合するので、愛車の高価買取に期待ができます。

ポイント
愛車の買取相場がすぐにわかる

 

45秒で最高額がわかる
※全国のデータから算出

 

2.ズバット車買取比較

ズバット車買取比較

提携している買取店は全国200社以上のズバット車買取比較

ガリバー、ビッグモーター、カーセブン、カーチスなどの大手買取店や地域に密着した専門店が競合するので高価買取に期待ができます。

また、愛車の買取相場が45秒でわかります。

ポイント
利用者の7割が5万円以上の査定額差を体験

 

入力はカンタン45秒
※累計利用者数150万人以上

 

3.カーセンサー.net簡単ネット査定

カーセンサー.net簡単ネット査定

提携している買取店は全国300社以上。

カーセンサー.net簡単ネット査定の特徴は、ガリバーやビッグモーターといった大手買取店を含めた取扱業者数が業界トップクラスであること。

運営元は中古車情報誌カーセンサーでも知られる「リクルート」。

ポイント
取扱業者数がダントツに多い

 

完全無料で最大30社が競合
※取扱業者数がダントツに多い
スポンサーリンク
CR-V ホンダ
フォローする
車あるあるこんなのどう!?
タイトルとURLをコピーしました