レクサスESとアウディA6の外装を比較!こだわり派?それともワイルド派?

ESとA6の外装を比較

知ってました?ディーラーの下取り査定のみで車を手放すと大きく損をすること

本当はもっと高く売れた車なのに、相場より安く買いたたかれていたことに気付いていないケースも珍しくありません。

買取相場を知らなければ、ディーラーで提示された下取り査定額が安いこともわからないため、愛車の本当の価値を知らないまま手放しているオーナーも多いです。

無料一括査定であれば、それぞれの特徴をもった複数の買取店が競合するため、愛車の最高額が簡単にわかります。

ネット上で買取相場の確認もできるため、売るタイミングを検討したい方や大まかな価格を知りたいという方にも無料一括査定を試してみる価値は十分にあります。

 

\買取相場をWeb上で確認できる/

10月末に日本初導入となったレクサスES。

グローバルで培ってきたノウハウが詰まっているESは、静粛性、乗り心地、室内空間の広さなど上質な快適性を高く評価されている注目モデルです。

一方で、モデルチェンジのたびに多くの最新技術を搭載し、ユーザーから根強い支持を得ているアウディA6。

今回、この両者の外装を比較してみました。

スポンサーリンク

レクサスESのエクステリア

ESのエクステリアについて

画像:レクサス

レクサスESのエクステリアを見ていくと、フロントグリルにレクサスお得意のスピンドルグリルが採用されています。

外観的にはレクサスGSをベースにロー&ワイドなセダンとなっています。

レクサスESのサイズ

レクサスESは全長4,975mm、全幅1,865mm、全高1,445mmでホイールベースは2,870mmとなっており、レクサスLSを一回り小さくしたようなサイズ感です。

分類としてはDセグメントセダンになります。

ES300hLS500h
全長(mm)4,9755,235
全幅(mm)1,8651,900
全高(mm)1,4451,450(AWD1,460)

エクステリアパーツ

レクサスESに装備されているエクステリアパーツはグレードごとに違います。

何が違うのか、各部分ごとに見ていきましょう。

フロントグリル・フロントロアガーニッシュ

通常版・version L

ESのフロントデザイン

画像:レクサス

F SPORT

ES F SPORTのフロントデザイン

画像:レクサス

まず通常版とversion Lのフロントグリルは縦フィンタイプのスピンドルグリルが、F SPORTにはメッシュタイプのスピンドルグリルが装備されています。

フロントロアガーニッシュはF SPORTにダークグレーメタリックのものが採用されています。

ヘッドランプ・リアバンパーロアガーニッシュ

単眼LED

ES 単眼LED

画像:レクサス

三眼フルLED

ES 三眼フルLED

画像:レクサス

ヘッドランプは通常版に単眼LED、version LとF SPORTには三眼フルLEDが装備されており、上級グレードと通常グレードとの差別化が図られていますね。

リアバンパーロアガーニッシュはF SPORTにスポーティーな漆黒メッキの塗装が施されています。

ES F SPORTのリアデザイン

画像:レクサス

ホイール

通常版

ES 通常版アルミ

画像:レクサス

version L

ES version Lのアルミ

画像:レクサス

F SPORT

ES F SPORTのアルミ

画像:レクサス

ESのホイールは通常版が17インチでミディアムグレーメタリック塗装、version Lが18インチノイズリダクションホイールでハイパークロムメタリック塗装、F SPORTは19インチでダークプレミアムメタリック塗装が施されています。

因みにノイズリダクションホイールとはロードノイズを抑える構造のホイールです。

この構造とすることで車内への騒音軽減に大いに役立っています。

アウディA6のエクステリア

アウディA6のエクステリア

画像:アウディ

アウディA6のエクステリアは、一目でアウディと分かる特徴的なフロントグリルが採用されています。

また、A6は大柄なセダンながらサイズを感じさせないシャープなつくりで、一見するとクーペにも見えるデザイン性は上品です。

アウディA6のサイズ

アウディA6のサイズ

画像:アウディ

アウディA6は全長4,945mm、全幅1,875mm、全高1,465mm、ホイールベース2,910mmとなっており、Eセグメントクラスのセダンとなります。

ES300hA6
全長(mm)4,9754,945
全幅(mm)1,8651,875
全高(mm)1,4451,465
ホイールベース
(mm)
2,8702,910

ESと比較すると全長はアウディA6の方が30mm短く、逆に全幅はA6の方が10mm大きいです。

全高はA6の方が20mm高く、ホイールベースに関しても40mmほどA6の方が長く、駆動方式がESはFFなのに対しA6は4WDのため、ロングドライブに向いている車格と言えるでしょう。

エクステリアパーツ

アウディA6のエクステリアパーツはESと比べるとよりワイルドな仕上がりになっています。

どのような構成になっているのか、ESと同様に見ていきましょう。

フロントグリル・フロントガーニッシュ

アウディA6のグリル

画像:アウディ

フロントグリルには特徴的なシングルフレームグリルを採用しており、ワイド&ローな外観となっています。

また、フロントガーニッシュはハイグロスブラック調となっていて質感が向上しています。

ヘッドランプ

バイキセノンヘッドライト

A6バイキセノンヘッドライト

画像:アウディ

アウディA6のヘッドランプは標準装備でバイキセノンヘッドライトが付いており、対向車のドライバーが眩しくならないように自動調整する機能が備わっています。

また、オプションでマトリクスLEDヘッドライトを付けることができ、こちらは300,000円ほどかかりますので注意が必要です。

マトリクスLEDヘッドライト

A6マトリクスLEDヘッドライト

画像:アウディ

ホイール

17インチ

A6の17インチアルミ

画像:アウディ

20インチ

A6の20インチアルミ

画像:アウディ

アウディA6のホイールには10スポークデザインの17インチアルミホイールが装着されています。

また、オプションで最大20インチのホイールを装着することができ、その費用は330,000円です。

因みに、アウディA6のホイールは全てアルミ製でありながら、高級感という観点ではESと比較しても負けず劣らずの質感となっています。

まとめ

レクサスESとアウディA6、どちらも高級感あふれる外装で質感の高さが伺えます。

特にレクサスESは室内にもこだわっており、対するアウディA6はワイルドな仕上がりとなっています。

A6にはアウディ独自のAWDシステム「クワトロ」を採用していることもあり、ホイールベースの長さからしてもロングドライブ向きと言えるでしょう。

外装にもこだわりたいが内装も大事だという方はレクサスESを、ワイルドな見た目が好きな方はアウディA6がおすすめです。

「お得に車を買い替えるコツ」それは一括査定を上手く活用することです

車を買い替える際には注意することがあります。

それはディーラーの下取り査定のみといった、1社だけの査定で売ってしまうと大きく損をすることです。

本当はもっと高く売れた車が、数十万円も安い価格でディーラーに下取りされています。

一括査定を活用すれば、「SUVの買取に強い買取店」「ミニバンの買取に強い買取店」「軽自動車の買取に積極的な買取店」といったそれぞれの特徴をもった買取店が競合するため、愛車の最高額が簡単にわかります。

一括査定を利用し査定依頼をしても料金が発生することなどはなく、無料で利用できます。

また、愛車の買取相場を知っておけば、その買取相場をもとにディーラーとの下取り価格交渉にも活用することができ、良い条件を引き出せる可能性が高いです。

少しの時間をかけるだけで大きなメリットがあるので、一括査定を試してみる価値は十分にあります。

 

\ネット上で買取相場がすぐにわかる/

 

「新車が欲しいけど予算内に収まらない!」という方は新古車が狙い目

どんなに交渉しても予算内に収まらないという方は、新古車(未使用車)を検討してみましょう。

新古車とは、ナンバーが登録済みの未使用車のことで、走行距離も少なくほぼ新車同然の中古車を指します。

しかし、ディーラーで「新古車ください」なんて言っても出てくるわけがありませんし、一般人の私達が新古車を探してもなかなか上手く見つけ出すことは難しいです。

そういった場合に上手く活用したいのがズバット車販売です。

ズバット車販売

インターネット上で掲載されている中古車情報は全体の約30%ほどです。

ズバット車販売なら、残りの70%の非公開車両情報から今狙っている車種の新古車を探すことも可能です。

アフターサービスや保証も充実しているため、自分にピッタリの新古車をお得に、そして安く探すことができます。

 

\もちろん無料で利用できます/
スポンサーリンク
ES レクサス 比較
フォローする
車あるあるこんなのどう!?
タイトルとURLをコピーしました