レクサスESとBMW5シリーズの走行性能を比較!

ESとBMWの走行性能比較

知ってました?ディーラーの下取り査定のみで車を手放すと大きく損をすること

本当はもっと高く売れた車なのに、相場より安く買いたたかれていたことに気付いていないケースも珍しくありません。

買取相場を知らなければ、ディーラーで提示された下取り査定額が安いこともわからないため、愛車の本当の価値を知らないまま手放しているオーナーも多いです。

無料一括査定であれば、それぞれの特徴をもった複数の買取店が競合するため、愛車の最高額が簡単にわかります。

ネット上で買取相場の確認もできるため、売るタイミングを検討したい方や大まかな価格を知りたいという方にも無料一括査定を試してみる価値は十分にあります。

 

\買取相場をWeb上で確認できる/

10月24日に発売となった新型レクサスES。

事前受注で月間目標を大幅に越えるなど、注目度の高い新型車です。

日本市場に初上陸となったレクサスESをBMW5シリーズと走行性能を比較してみました。

スポンサーリンク

レクサスESの歴史

レクサスESが誕生したのは1989年。

当時北米のみで展開していたレクサスは、トヨタのカムリプロミネント・4ドアハードトップをベースにフロントグリルのデザインを変更して販売されていました。

また、ESはレクサスブランドが立ち上がった当初からLSと共に販売されており、その歴史は長いです。

因みに、レクサスのセダンで唯一のFF車でもあります。

レクサスESのスペック

画像:レクサス

レクサスESのスペックは以下の通りです。

  • 車両重量 1,730kg
  • 燃費 23.4km/l(JC08モード)
  • 全長 4,975mm
  • 全幅 1,865mm
  • 全高 1,445mm
  • ホイールベース 2,870mm
  • エンジン種類 直列4気筒DOHC
  • モーター種類 3NM型交流同期電動機
  • 使用燃料 無鉛レギュラーガソリン
  • 総排気量 2.487L
  • エンジン最高出力 178PS/5,700rpm
  • エンジン最大トルク 22.5kgf・m/3,600~5,200rpm
  • モーター最高出力 120PS
  • モーター最大トルク 20.6kgf・m
  • 駆動用主電池種類 ニッケル水素電池
  • 燃料タンク容量 50L
  • 駆動方式 FF(前輪駆動)

以上がESの簡単なスペックです。

ハイブリッド車であるため、重量の割に燃費は良く、出力やトルクも不足はありません。

唯一の弱点は駆動方式がFFである点くらいでしょうか。

走行性能

ESの走行性能

画像:レクサス

ESは走りよりも乗り心地を重視して開発されたため、出力に関しては大人しくなっています。

しかし、新開発のGA-Kプラットフォームにより低重心化と前後荷重配分の適正化がなされて、意のままに操ることが可能な車となりました。

動力性能とは、出力やトルクだけで決まるのではなく、こういったボディ作りも高い動力性能を確保する上では大切なのです。

BMW5シリーズの歴史

BMW5シリーズの誕生は1972年。

当時「ノイエクラッセ」と言われた1800、2000系の後継車としてこの5シリーズが開発されました。

初代モデルのみ、日本での販売はバルコム・オート・トレイディングが輸入して行っていましたが、2代目以降は1981年に設立され、今でもその名が知られるBMWジャパンが販売しています。

BMW5シリーズのスペック

530i M Sport

画像:BMW

BMW5シリーズの中でも排気量的に最もESに近い「530i M Sport」のスペックは以下の通りです。

  • 車両重量 1,690kg
  • 燃費 15.1km/l(JC08モード)
  • 全長 4,945mm
  • 全幅 1,870mm
  • 全高 1,480mm
  • ホイールベース 2,975mm
  • エンジン種類 直列4気筒DOHC
  • 使用燃料 無鉛プレミアムガソリン
  • 総排気量 1.998L
  • エンジン最高出力 252PS/5,200rpm
  • エンジン最大トルク 35.7kgf・m/1,450~4,800rpm
  • 燃料タンク容量 68L
  • 駆動方式 FR(後輪駆動)

以上が530i M Sportの簡単なスペックとなります。

流石は走りにも抜かりがないBMW、ESと比べると高い動力性能を確保しています。

またBMW伝統の直列6気筒DOHCエンジンは上級モデルの540iなどに搭載されていますが、BMWのもう一つの伝統である後輪駆動は全てのモデルで採用されています。

走行性能

BMWのエンジン

画像:BMW

BMWが掲げるスローガンとして「駆けぬける喜び」がありますが、まさにそのスローガンの通り、5シリーズはドライバーが運転していて楽しいつくりとなっています。

50:50の理想的な重量バランスに後輪駆動の組み合わせは、爽快な走りを生み出します。

更にBMWは車重にもこだわり、アルミニウムや超合金、プラスチックなど軽量素材を用いることで先代の5シリーズよりも70kgの軽量化を実現することが出来たと、公式でアナウンスされています。

ESの1,730kgの車重と比較してみても40kgほど軽く、両車のキャラクターの違いが伺えます。

まとめ

ES530i M Sport
燃費 km/l
(JC08モード)
23.415.1
重量(kg)1,7301,690
全長(mm)4,9754,945
全幅(mm)1,8651,870
全高(mm)1,4451,480
価格580万円~825万円~
駆動方式FFFR

両車とも高級ミドルセダンとしてその名を馳せていますが、走りの5シリーズ、快適性のESといった感じで違うキャラクター付けがされています。

因みにESに関しては580万円ほどから、今回取り上げた530i M Sportは825万円から購入することが可能です。

更にESはFF車、530i M SportはFRであるという点からもいかにBMWが走りにもこだわっているかが分かります。

少し値が張っても爽快な走りを楽しみたい方は530i M Sportを、快適空間を犠牲にしたくないという方はレクサスESがおすすめです。

「お得に車を買い替えるコツ」それは一括査定を上手く活用することです

車を買い替える際には注意することがあります。

それはディーラーの下取り査定のみといった、1社だけの査定で売ってしまうと大きく損をすることです。

本当はもっと高く売れた車が、数十万円も安い価格でディーラーに下取りされています。

一括査定を活用すれば、「SUVの買取に強い買取店」「ミニバンの買取に強い買取店」「軽自動車の買取に積極的な買取店」といったそれぞれの特徴をもった買取店が競合するため、愛車の最高額が簡単にわかります。

一括査定を利用し査定依頼をしても料金が発生することなどはなく、無料で利用できます。

また、愛車の買取相場を知っておけば、その買取相場をもとにディーラーとの下取り価格交渉にも活用することができ、良い条件を引き出せる可能性が高いです。

少しの時間をかけるだけで大きなメリットがあるので、一括査定を試してみる価値は十分にあります。

 

\ネット上で買取相場がすぐにわかる/

 

「新車が欲しいけど予算内に収まらない!」という方は新古車が狙い目

どんなに交渉しても予算内に収まらないという方は、新古車(未使用車)を検討してみましょう。

新古車とは、ナンバーが登録済みの未使用車のことで、走行距離も少なくほぼ新車同然の中古車を指します。

しかし、ディーラーで「新古車ください」なんて言っても出てくるわけがありませんし、一般人の私達が新古車を探してもなかなか上手く見つけ出すことは難しいです。

そういった場合に上手く活用したいのがズバット車販売です。

ズバット車販売

インターネット上で掲載されている中古車情報は全体の約30%ほどです。

ズバット車販売なら、残りの70%の非公開車両情報から今狙っている車種の新古車を探すことも可能です。

アフターサービスや保証も充実しているため、自分にピッタリの新古車をお得に、そして安く探すことができます。

 

\もちろん無料で利用できます/
スポンサーリンク
ES レクサス 比較
フォローする
車あるあるこんなのどう!?
タイトルとURLをコピーしました