レクサスESとクラウンの内装を比較

レクサスESとクラウンを比較ES

知ってました?ディーラーの下取り査定のみで車を手放すと大きく損をすること

本当はもっと高く売れた車なのに、相場より安く買いたたかれていたことに気付いていないケースも珍しくありません。

買取相場を知らなければ、ディーラーで提示された下取り査定額が安いこともわからないため、愛車の本当の価値を知らないまま手放しているオーナーも多いです。

無料一括査定であれば、それぞれの特徴をもった複数の買取店が競合するため、愛車の最高額が簡単にわかります。

ネット上で買取相場の確認もできるため、売るタイミングを検討したい方や大まかな価格を知りたいという方にも無料一括査定を試してみる価値は十分にあります。

 

\買取相場をWeb上で確認できる/

2018年10月に日本デビューしたレクサスES。

ESの内装はレクサスブランドだけにクオリティは非常に高いです。

一方で、6月にフルモデルチェンジを行いセールス好調のクラウン。

ほぼ同価格帯の車種として注目を集める両者の内装を比較してみました。

スポンサーリンク

レクサスESの内装

レクサスESの内装色にはブラックとシャトー、トパーズブラウンの3種類があり、更にF SPORTではブラックとレッドの2色が設定されています。

ESの内装色はどれも落ち着いた雰囲気で高級感があり、F SPORTに設定されているレッドの内装色は派手でありつつも若々しさがどこかありますね。

長年高級車メーカーとして開発を続けてきたレクサスなだけに、内装のクオリティについては他社の追随を許さない仕上がりです。

ESの後部座席の広さ

画像:レクサス

また、ESは車内の広さにもこだわっており特に後部座席の広さはレクサスのフラッグシップモデルである「LS」に次ぐ広さを持っています。

シート素材

L tex

L texシート

画像:レクサス

セミアニリン本革

セミアニリン本革シート

画像:レクサス

レクサスESのシート素材は通常グレードL tex(合成皮革)で、version Lがセミアニリン本革を採用しています。

F SPORT専⽤

L texスポーツシート

画像:レクサス

F SPORTについては通常グレードと同じ素材を用いたスポーツシートとなっており、ホールド性が良く文字通りスポーティーな作りとなっています。

快適装備

ESのインテリア

画像:レクサス

快適装備について、まずはレクサスESの運転席周りから見ていきましょう。

運転席周りを一通り見てみると、インパネ中央部分には地図情報などを表示するインフォテイメントディスプレイが装着されており、ディスプレイ枠にはクラシックなアナログ時計が埋め込まれています。

運転席側にはボタン1つでエアコンを快適に調整できるAUTOボタン、OFFボタンが装着されており扱いやすい設計となっています。

このエアコン、「ナノイー」のロゴからも分かる通り車内の空気をきれいにしてくれる機能が備わっており、非常にありがたい機能です。

クラウンの内装

クラウンの内装色にはブラック、ホワイト、ブラック&テラロッサ、ニュートラルベージュの4色が設定されています。

新型クラウンのインテリアを見ていくと、各ドアのドアトリム上部に指定した内装色の合成皮革が採用されており、ホワイトが特に高級感を漂わせています。

クラウンの内装

画像:トヨタ

また、運転席側ドアトリムの後部にトランク開閉スイッチがありわざわざ屈むことなくトランクを開閉することが出来るなど、高齢ドライバーにも考慮した設計となっています。

シート素材

クラウンのシート素材は標準装備でブランノーブ+合成皮革、メーカーオプションで本革を指定できます。

メーカーオプションとなっている本革はグレードにより装備出来ないということはなく、レザーシートパッケージを選択すると本革シートを装備出来るようになります。

快適装備

電動式リヤサンシェード

画像:トヨタ

クラウンの快適装備に、後部座席に装備されている電動リアサンシェードがあります。

これは文字通り、直射日光を防ぎ快適な空間を作り出します。

電動リアサンシェードは後述するトヨタオペレーションマルチタッチにて操作が可能であり、またシフトレバーをRレンジに入れた時に自動的に格納されるため、バック時にも安心です。

次に、運転席側にパワーイージーアクセスシステムという機能があります。

これは乗降時にステアリングのオートチルトアウェイ&リターン機能と連動して運転席シートが自動でスライドするというもの。

パワーイージーアクセスシステム

画像:トヨタ

これにより車への乗車が非常にスムーズになります。

そして、電動リアサンシェードの説明時にも触れましたがインパネ中央部に2つのディスプレイがあります。

ダブルディスプレイ

画像:トヨタ

一つは最も目線が移動しやすい遠方上部にナビ地図などの情報を表示する8インチ遠視点ディスプレイ、手前にはエアコンなどを操作できる7インチのトヨタオペレーションマルチタッチが装備されています。

トヨタオペレーションマルチタッチは一時的にナビ地図を呼び出すことができ、手元で目的地などの指定をすることも可能です。

まとめ

レクサスESと新型クラウン、どちらも高級車として相応しいクオリティで他の車とは一線を画す快適な装備、シートが魅力的です。

新型クラウンに関してはレクサスのフラッグシップモデルである「LS」とほぼ同等のものでありながら600万円から購入可能なので、「LS」と新型クラウンであれば特にこだわりがなければ新型クラウンをおすすめします。

室内の広さを重視しているのであればレクサスESを狙うと良いでしょう。

「お得に車を買い替えるコツ」それは一括査定を上手く活用することです

車を買い替える際には注意することがあります。

それはディーラーの下取り査定のみといった、1社だけの査定で売ってしまうと大きく損をすることです。

本当はもっと高く売れた車が、数十万円も安い価格でディーラーに下取りされています。

一括査定を活用すれば、「SUVの買取に強い買取店」「ミニバンの買取に強い買取店」「軽自動車の買取に積極的な買取店」といったそれぞれの特徴をもった買取店が競合するため、愛車の最高額が簡単にわかります。

一括査定を利用し査定依頼をしても料金が発生することなどはなく、無料で利用できます。

また、愛車の買取相場を知っておけば、その買取相場をもとにディーラーとの下取り価格交渉にも活用することができ、良い条件を引き出せる可能性が高いです。

少しの時間をかけるだけで大きなメリットがあるので、一括査定を試してみる価値は十分にあります。

 

\ネット上で買取相場がすぐにわかる/

 

「新車が欲しいけど予算内に収まらない!」という方は新古車が狙い目

どんなに交渉しても予算内に収まらないという方は、新古車(未使用車)を検討してみましょう。

新古車とは、ナンバーが登録済みの未使用車のことで、走行距離も少なくほぼ新車同然の中古車を指します。

しかし、ディーラーで「新古車ください」なんて言っても出てくるわけがありませんし、一般人の私達が新古車を探してもなかなか上手く見つけ出すことは難しいです。

そういった場合に上手く活用したいのがズバット車販売です。

ズバット車販売

インターネット上で掲載されている中古車情報は全体の約30%ほどです。

ズバット車販売なら、残りの70%の非公開車両情報から今狙っている車種の新古車を探すことも可能です。

アフターサービスや保証も充実しているため、自分にピッタリの新古車をお得に、そして安く探すことができます。

 

\もちろん無料で利用できます/
スポンサーリンク
ES レクサス
フォローする
車あるあるこんなのどう!?
タイトルとURLをコピーしました