レクサスESとレクサスGSのサイズを比較

ESとGSを比較

知ってました?ディーラーの下取り査定のみで車を手放すと大きく損をすること

本当はもっと高く売れた車なのに、相場より安く買いたたかれていたことに気付いていないケースも珍しくありません。

買取相場を知らなければ、ディーラーで提示された下取り査定額が安いこともわからないため、愛車の本当の価値を知らないまま手放しているオーナーも多いです。

無料一括査定であれば、それぞれの特徴をもった複数の買取店が競合するため、愛車の最高額が簡単にわかります。

ネット上で買取相場の確認もできるため、売るタイミングを検討したい方や大まかな価格を知りたいという方にも無料一括査定を試してみる価値は十分にあります。

 

\買取相場をWeb上で確認できる/

今後、レクサスの主力モデルともなりうるES。

堂々とした大きなボディにクォリティの高い走行性能はレクサスならではの大胆さを感じることがでFFセダンです。

一方で、レクサスが北米で他メーカーの高級車に対抗できるセダンとして登場したGS。

今回は、同メーカー2台をサイズという観点から比較してみました。

スポンサーリンク

レクサスESの車格

レクサスESの車格

画像:レクサス

レクサスESの車格について見ていきましょう。

ES300hレガシィカムリ
全長(mm)4,9754,8004,910
全幅(mm)1,8651,8401,840
全高(mm)1,4451,5001,445
ホイールベース
(mm)
2,8702,7502,825

ESの大きさは全長4,975mm×全幅1,865mm×全高1,445mm、ホイールベースの長さは2,870mmでミドルサイズのセダンです。

同じサイズの車としてはスバルのレガシィ、トヨタのカムリなど、比較的高級車の部類に入る車がESと同じクラスとなります。

レクサスESのホイールの大きさ

レクサスESのホイールの大きさはどのくらいなのでしょうか。

標準グレードの「ES300h」で17インチホイール、上級グレードの「ES300h version L」で18インチホイール、スポーツモデルの「ES300h F Sport」では19インチのホイールを装備しており、ホイールの大きさは最大で19インチとなります。

因みに、「ES300h」のみオプションにて切削光輝+ミディアムグレーメタリック塗装の18インチホイールを装備することが可能で、オプション費は110,160円です。

レクサスESの車内の広さ

レクサスESの車内の広さ

画像:レクサス

レクサスESの車内の広さはどのようになっているのでしょうか。

ES300h
室内長(mm)2,710
室内幅(mm)1,535
室内高(mm)1,145

ESの車内の広さについて、数値上では室内長2,710×室内幅1,535×室内高1,145mmでくつろぎの空間が作られています。

また、後部座席は3人がけのベンチシートで足元には広々とした空間があり、身長180cm以上の方でも充分に余裕のある環境が整っています。

トランクの大きさとしては9.5インチのゴルフバッグが4個入る大きさを確保しています。

レクサスGSの車格

レクサスGSの車格

画像:レクサス

レクサスGSの車格について、レクサスESと同じように見ていきましょう。

GSES300h
全長(mm)4,8804,975
全幅(mm)1,8401,865
全高(mm)1,455~1,4701,445
ホイールベース
(mm)
2,8502,870

レクサスGSの大きさは、全長4,880×全幅1,840×全高1,455mmでホイールベースは2,850mmとレクサスESよりも一回り小さいセダンでホイールベースがESに比べわずか20mmの差ほどですが短いため、スポーティーな印象を感じます。

サイズ的にはESと同じくミドルサイズのセダンです。

因みに、ホイールベースは短ければ短いほど直進安定性は低くなりますが、その分小回りが得意です。

逆に長ければ長いほど直進安定性は高くなりますが、逆に小回りが苦手となります。

レクサスGSのホイールの大きさ

レクサスGSのホイールの大きさについて触れていきましょう。

標準グレードのGS450hだと17インチ、GS450h version Lは18インチ、GS450h F SPORTは19インチのホイールを装備しておりレクサスESと同等の仕様であることが伺えます。

因みにオプションでGS450hに18インチの切削光輝アルミホイールを、GS400h version Lに19インチの切削光輝アルミホイールを装着することが可能です。

オプション費として18インチの場合は82,080円、19インチの場合は54,000円ほどかかります。

ESと比較するとこちらの方が装備出来るグレードが2種類の上、費用もそこまで高額というわけではないですね。

レクサスGSの車内の広さ

レクサスGSの車内の広さ

画像:レクサス

レクサスGSの車内の広さについて、レクサスESと同じように触れていきましょう。

GSES300h
室内長2,0252,710
室内幅1,5351,535
室内高1,1801,145

数値上では室内長2,025×室内幅1,535×室内高1,180mmでESと比較すると室内長はレクサスESの方が大きく、逆に室内高は約40mmほどレクサスGSの方が高いですね。

実際のスペース感として、後部座席の広さを見てみるとこちらもレクサスESと同じく身長180cmの方でも頭上には充分な空間があり、足元はレクサスESよりも広いです。

レクサスGSは車内が狭くなりがちなFR車なのですが、流石はレクサスといった質感ですね。

トランクの容量に関しても、レクサスES同様に9.5インチゴルフバッグ4個が余裕で入ります。

まとめ

車内の広さや車自体の大きさについて、両車比較をしていきましたがどちらも十分に快適な空間を確保していて、なおかつ大きすぎず落ち着いた雰囲気のミドルセダンです。

唯一の違いはレクサスESがFF(前輪駆動)車、レクサスGSはFR(後輪駆動)車ですので、広さを確保しつつもスポーティーな走りを楽しみたい方はレクサスGSを、逆に走りは妥協しても広さは妥協できないという方はレクサスESを検討してみてはいかがでしょうか。

「お得に車を買い替えるコツ」それは一括査定を上手く活用することです

車を買い替える際には注意することがあります。

それはディーラーの下取り査定のみといった、1社だけの査定で売ってしまうと大きく損をすることです。

本当はもっと高く売れた車が、数十万円も安い価格でディーラーに下取りされています。

一括査定を活用すれば、「SUVの買取に強い買取店」「ミニバンの買取に強い買取店」「軽自動車の買取に積極的な買取店」といったそれぞれの特徴をもった買取店が競合するため、愛車の最高額が簡単にわかります。

一括査定を利用し査定依頼をしても料金が発生することなどはなく、無料で利用できます。

また、愛車の買取相場を知っておけば、その買取相場をもとにディーラーとの下取り価格交渉にも活用することができ、良い条件を引き出せる可能性が高いです。

少しの時間をかけるだけで大きなメリットがあるので、一括査定を試してみる価値は十分にあります。

 

\ネット上で買取相場がすぐにわかる/

 

「新車が欲しいけど予算内に収まらない!」という方は新古車が狙い目

どんなに交渉しても予算内に収まらないという方は、新古車(未使用車)を検討してみましょう。

新古車とは、ナンバーが登録済みの未使用車のことで、走行距離も少なくほぼ新車同然の中古車を指します。

しかし、ディーラーで「新古車ください」なんて言っても出てくるわけがありませんし、一般人の私達が新古車を探してもなかなか上手く見つけ出すことは難しいです。

そういった場合に上手く活用したいのがズバット車販売です。

ズバット車販売

インターネット上で掲載されている中古車情報は全体の約30%ほどです。

ズバット車販売なら、残りの70%の非公開車両情報から今狙っている車種の新古車を探すことも可能です。

アフターサービスや保証も充実しているため、自分にピッタリの新古車をお得に、そして安く探すことができます。

 

\もちろん無料で利用できます/
スポンサーリンク
ES レクサス
フォローする
車あるあるこんなのどう!?
タイトルとURLをコピーしました