FJクルーザーの中古車を購入する前に相場と評価をチェックしよう

FJクルーザー

知ってました?ディーラーの下取り査定のみで車を手放すと大きく損をすること

本当はもっと高く売れた車なのに、相場より安く買いたたかれていたことに気付いていないケースも珍しくありません。

買取相場を知らなければ、ディーラーで提示された下取り査定額が安いこともわからないため、愛車の本当の価値を知らないまま手放しているオーナーも多いです。

無料一括査定であれば、それぞれの特徴をもった複数の買取店が競合するため、愛車の最高額が簡単にわかります。

ネット上で買取相場の確認もできるため、売るタイミングを検討したい方や大まかな価格を知りたいという方にも無料一括査定を試してみる価値は十分にあります。

 

\買取相場をWeb上で確認できる/

丸型ヘッドランプとオーバルグリルの外観が特徴的なトヨタのFJクルーザー。

元々は北米市場専用モデルとして開発され、2006年から北米で販売が開始される。

その後、個性的な外観の人気からメキシコ、中国、オーストラリア、ニュージーランドと順に発売。

私達の日本でもそのワイルドで特別な存在感から人気を集めるようになり、2010年から正規販売されるようになりました。

2016年8月で生産終了の予定だったが「駆け込み需要」の増加で日本国内モデルはまだ販売を終了していません。

つまり、日本国内では新車の購入が可能となります。(2017年4月18日現在)

 

定番のカスタムはリフトアップしてアルミホイールをインチアップ、そして少し目の粗いタイヤを履かせるのが一般的ようです。

逆にラグジュアリーなカスタムにはあまり向いていない車種です。

例えば、24~34インチといった大口径のホイールを履かせるのは少し残念なルックスになりそうです。

 

そんなFJクルーザーの中古相場と評価について調べてみました。

スポンサーリンク

基本スペック

全長4.64m×全高1.84m×全幅1.91m

最高出力276ps
燃費(JC08モード)8.0km/L
駆動方式4WD
排気量3955cc
乗車定員5名
新車価格324〜346.6万円

※JC08モードとは

燃費測定方法の一つで、2013年3月以降に生産された車はJC08モード燃費で統一されている。

新車カタログなどに載っているこの数値ですが、実燃費はほぼ下回ると思っていいです。

あくまで参考程度に捉えるのが良いでしょう。

 

特徴ある外観でオフロード車が好きな方にはたまらない車種です。

新車の価格に関してはトップグレードでも346万円からなのでそこまで高い部類には入りません。

気になるポイントとして、エンジンの排気量が4,000ccのみの設定なので自動車税が毎年66,500円掛かることになります。

更に燃費を考えると通勤などには不向きな車種になりそうです。

 

しかし、購入前にこの辺りのデメリットを想定していれば乗り越えられない壁ではなさそうです。

中古市場で多いグレードとボディカラー

少し補足すると、「多い」という言葉を使いましたが中古市場でよく出回っている台数が「多い」のことです。

大手の中古車業者3社の検索サイトを実際に使って調べてみました。

よく出回っているグレード

FJクルーザーのグレードは全部で4つあります。

上から順に挙げると

  1. オフロードパッケージ
  2. ブラックカラーパッケージ
  3. カラーパッケージ
  4. ベースグレード

 

中古車サイトを検索して、3社とも多かったグレードは「カラーパッケージ」でした。

この「カラーパッケージ」というグレードは下から2番目の位置にあります。

下から2番目と言っても1つ上の「ブラックカラーパッケージ」との違いはぼぼありません。

「ブラックカラーパッケージ」は外観や内装の細かい箇所をブラックで統一されている程度だと思ってもらうとよいです。

 

しかし、最上位ランクの「オフロードパッケージ」になると少し装備が変わります。

本格的な悪路走行をする方に向いています。

ビルシュタイン製モノチューブショックアブソーバーとリヤデフロックが装備され、この2点が他のグレードとの大きな違いになります。

趣味がアウトドアで頻繁に海や山に行くことが多い方におすすめできるグレードになりそうです。

普段から街乗り程度で考えている方は「カラーパッケージ」で問題なさそうです。

よく出回っているボディカラー

FJクルーザーは屋根の部分が白色に塗装されホワイト以外のボディカラーはツートンカラーになります。

中古市場で多かったボディカラーはブラックがダントツで多いようです。

その次に多かったカラーはイエロー。

FJクルーザーと言えばブルー(ブードゥーブルー)を想像してしまい市場でも台数が多いのかと思っていましたが実際にはそれほどありませんでした。

 

現行モデルのカラー設定は

  • ホワイト
  • イエロー
  • スモーキーブルー
  • セメントグレーメタリック
  • ブラック
  • ベージュ

となり、これ以外のカラーは絶版カラーとなり中古車からしか探す方法はないようです。

 

FJクルーザーのイメージカラーと言えばブルー(ブードゥーブルー)なので何色にするか悩んでいる場合、ブルー(ブードゥーブルー)を選択肢に入れるのもよいかもしれません。

FJクルーザーの評価

ワイルドで特別な存在感が人気のFJクルーザーの評価をネット上の口コミなどからリサーチしてみました。

FJクルーザーのメリット

  • 内装がシンプルで良い。
  • 趣味やアウトドアに持ってこい。
  • スタイリングが他にないデザインで素晴らしい。
  • カスタムが好きな人には最高の素材である。

FJクルーザーのデメリット

  • アウトドアをしないなら買わない方がいい。
  • 乗降が不便で特に後部座席の乗降は難あり。
  • 好きでないなら買わない方がいい。
  • 便利さや新しい機能を求めるなら他の車にすべき。
  • 燃費が悪い。

口コミ評価のまとめ

ネット上の口コミはトヨタのオーナーズボイス価格.comを参考にリサーチしました。

どちらもほぼ同じような意見が書き込まれていました。

FJクルーザーが本当に好きでないなら他の車種も視野に入れたほうが良さそうです。

燃費も街乗りで平均5~6km/Lという意見が多く、お財布に大ダメージを与えそうな数字です。

FJクルーザーの購入者はデメリットを受け入れた上で購入された方が多いようです。

 

満足度 4.36点

口コミの表

FJクルーザーの中古相場

FJクルーザーの中古相場の平均価格は大手中古車サイト2社を参考にさせて頂いています。

中古相場の平均価格は285~298万円でしたが、カスタム車などになるともう少し値段が上がりそうです。

FJクルーザーの販売は2010年からというのもあり比較的良好な中古車が多いと思います。

余程なことがない限り粗悪な車に当たることがないような気がします。

まとめ

FJクルーザーの中古相場と評価をチェックしてみましたがいかがでしたか?

中古市場でよく出回っているグレードとボディカラーは「カラーパッケージ」「ブラック」でした。

中古相場の平均価格は300万円を切る価格。

比較的新しい車なので良好な中古車がすぐに見つかりそうです。

「お得に車を買い替えるコツ」それは一括査定を上手く活用することです

車を買い替える際には注意することがあります。

それはディーラーの下取り査定のみといった、1社だけの査定で売ってしまうと大きく損をすることです。

本当はもっと高く売れた車が、数十万円も安い価格でディーラーに下取りされています。

一括査定を活用すれば、「SUVの買取に強い買取店」「ミニバンの買取に強い買取店」「軽自動車の買取に積極的な買取店」といったそれぞれの特徴をもった買取店が競合するため、愛車の最高額が簡単にわかります。

一括査定を利用し査定依頼をしても料金が発生することなどはなく、無料で利用できます。

また、愛車の買取相場を知っておけば、その買取相場をもとにディーラーとの下取り価格交渉にも活用することができ、良い条件を引き出せる可能性が高いです。

少しの時間をかけるだけで大きなメリットがあるので、一括査定を試してみる価値は十分にあります。

 

\ネット上で買取相場がすぐにわかる/

 

「新車が欲しいけど予算内に収まらない!」という方は新古車が狙い目

どんなに交渉しても予算内に収まらないという方は、新古車(未使用車)を検討してみましょう。

新古車とは、ナンバーが登録済みの未使用車のことで、走行距離も少なくほぼ新車同然の中古車を指します。

しかし、ディーラーで「新古車ください」なんて言っても出てくるわけがありませんし、一般人の私達が新古車を探してもなかなか上手く見つけ出すことは難しいです。

そういった場合に上手く活用したいのがズバット車販売です。

ズバット車販売

インターネット上で掲載されている中古車情報は全体の約30%ほどです。

ズバット車販売なら、残りの70%の非公開車両情報から今狙っている車種の新古車を探すことも可能です。

アフターサービスや保証も充実しているため、自分にピッタリの新古車をお得に、そして安く探すことができます。

 

\もちろん無料で利用できます/
スポンサーリンク
FJクルーザー
フォローする
車あるあるこんなのどう!?
タイトルとURLをコピーしました