ハリアーとCX-8比較!高級感orスポーティーな走り、どちらを選ぶ?

ハリアーとCX-8を比較

知ってました?ディーラーの下取り査定のみで車を手放すと大きく損をすること

本当はもっと高く売れた車なのに、相場より安く買いたたかれていたことに気付いていないケースも珍しくありません。

買取相場を知らなければ、ディーラーで提示された下取り査定額が安いこともわからないため、愛車の本当の価値を知らないまま手放しているオーナーも多いです。

無料一括査定であれば、それぞれの特徴をもった複数の買取店が競合するため、愛車の最高額が簡単にわかります。

ネット上で買取相場の確認もできるため、売るタイミングを検討したい方や大まかな価格を知りたいという方にも無料一括査定を試してみる価値は十分にあります。

 

\買取相場をWeb上で確認できる/

SUVの購入で候補に上げられる人気モデルがハリアーとCX-8。

そんなハリアーとCX-8のスペックと特徴を比較してみました。

どちらもミドルサイズSUVの中でも超がつくほどの人気モデルですが、あなたはどちらを選びますか?

スポンサーリンク

ハリアーについて

ハリアーのデビューは1997年。

当時「ラグジュアリーSUV」として新たなジャンルの開拓を目指すべく、トヨタ自動車が満を持して発売したモデルです。

トヨタ系列であるレクサスブランドからは「RX」の名前で発売されていました。

その後、国内でレクサスブランドが展開することになり2代目ハリアーを持って一時生産終了しましたが、2013年にファンからの熱い要望を受けて再び国内専用車として3代目ハリアーが発売され、現在に至ります。

ハリアーについて

画像:トヨタ

ハリアーの簡単なスペック

ハリアーは排気量2,000ccのターボ付きガソリンエンジン2,500ccのハイブリッドエンジンの2つのモデルがあります。

ガソリン車の車両総重量1,975kg、ハイブリッド車は2,085kgと重量級ながら燃費はガソリン車12.8km/l、ハイブリッド車は21.4km/lを達成するなど、SUVとしては燃費が良いです。

全長が4,725mm、全幅が1,835mm、全高が1,690mmと比較的大柄です。

使用燃料はガソリン車がハイオクガソリンハイブリッド車がレギュラーガソリンとなります。

ハリアーの特徴

ハリアーは「都会」「高級」をコンセプトに作られました。

その名の通り高級感のある内外装が特徴となっています。

ハリアーの内装

ハリアーの内装は豪華

画像:トヨタ

外装においては7色のカラーリングを展開しており、5色が黒ベースのカラーとなっています。

内装においては、快適装備として電動パワーシート、快適温熱シートを装備し、厳冬時でも暖かく快適なドライブを楽しむことができます。

快適温熱シート

画像:トヨタ

ハリアーはどんな人におすすめか?

ドアミラー足元照明

画像:トヨタ

ハリアーはトヨタから発売されており、世界でもトヨタの評判は高いです。

また、トヨタはアフターサービスが充実しており万が一のトラブルが起きても安心して修理を任せることが可能です。

コンセプトが「都会」「高級」ということもあり、高級感のあるSUVに乗りたい方には非常におすすめできます。

CX-8について

CX‐8について

画像:マツダ

CX-8のデビューは2017年。

マツダ独自の新技術「SKYACTIV TEHNOLOGY」とマツダ車のデザインテーマである「魂動(こどう)-Soul of Motion」を全面採用した7人乗りクロスオーバーSUVとして発売されました。

SKYACTIV-TECHNOLOGYの仕組み

魂動(こどう)-Soul of Motionの仕組み

画像:マツダ

日本では未発売のCX-9とCX-5のプラットフォームを組み合わせることにより、ミニバンのような居住性を確保しており家族持ちには便利です。

画像:マツダ

CX-8の簡単なスペック

SKYACTIV-D 2.2の4つのポイント

画像:マツダ

CX-8は総排気量2,188ccのディーゼルターボエンジン「SKYACTIV-D 2.2」を搭載しています。

全長は4,900mm、全幅が1,840mm、全高が1,730mmとハリアーよりも一回り大きめです。

車両総重量は17インチタイヤ装着車で1,790kg、19インチタイヤ装着車で1,820kgハリアーと比較すると約100kgほど軽く燃費性能もその軽さから17.6km/lを実現しています。

SKYACTIV-D 2.2の燃費

画像:マツダ

CX-8の特徴

ディーゼルエンジン

画像:マツダ

CX-8の最大の特徴はディーゼルターボエンジンを搭載しているという点。

ハリアーはガソリン車であるため、レギュラーガソリンを使用しなければなりませんがCX-8は軽油で走行が可能です。

また室内装備にはハリアーと同じく電熱シートヒーターを標準装備、電動パワーシートも標準装備となっています。

ハリアーとは違う点は、フロントガラスに標識や制限速度などの情報を照射するアクティブ・ドライビング・ディスプレイを装備しているという点です。

アクティブ・ドライビング・ディスプレイ

画像:マツダ

 

【マツダ公式】新型CX-5開発のこだわり ~アクティブ・ドライビング・ディスプレイ編~

CX-8はどんな人におすすめか

CX‐8はどんな人に向いているのか

画像:マツダ

CX-8は前項でも記載した通り、ディーゼルエンジンを搭載しています。

昨今のガソリン価格は上昇傾向にあり、長距離走行においての燃料代も安くはありません。

しかし、軽油は元々の値段が安いこともあり、価格上昇の影響は少ないです。

更に7人乗りであることを考慮すると、大家族の世帯や長距離を主に走る方であればCX-8は非常におすすめの一台となります。

また、ハリアーと比較すると軽量であることからスポーティーな走りを期待している方にもおすすめできます。

まとめ

SUVとしての歴史が長いハリアーと7人乗りSUVとして新たな道を開拓するCX-8、どちらも一長一短ですが、高級感のあるSUVが欲しい方はハリアーを、より多くの人を乗せての長距離のドライブやスポーティーな走りを楽しみたい方はCX-8をそれぞれおすすめいたします。

車を高く売るなら無料一括査定を活用しよう

1.ナビクル車査定

ナビクル車査定

車を高く売るなら利用者シェア数の多い、ナビクル車査定がおすすめです。

ビッグモーター、カーチスといった大手買取店同士が競合するので、愛車の高価買取に期待ができます。

ポイント
愛車の買取相場がすぐにわかる

 

45秒で最高額がわかる
※全国のデータから算出

 

2.ズバット車買取比較

ズバット車買取比較

提携している買取店は全国200社以上のズバット車買取比較

ガリバー、ビッグモーター、カーセブン、カーチスなどの大手買取店や地域に密着した専門店が競合するので高価買取に期待ができます。

また、愛車の買取相場が45秒でわかります。

ポイント
利用者の7割が5万円以上の査定額差を体験

 

入力はカンタン45秒
※累計利用者数150万人以上

 

3.カーセンサー.net簡単ネット査定

カーセンサー.net簡単ネット査定

提携している買取店は全国300社以上。

カーセンサー.net簡単ネット査定の特徴は、ガリバーやビッグモーターといった大手買取店を含めた取扱業者数が業界トップクラスであること。

運営元は中古車情報誌カーセンサーでも知られる「リクルート」。

ポイント
取扱業者数がダントツに多い

 

完全無料で最大30社が競合
※取扱業者数がダントツに多い
スポンサーリンク
比較
フォローする
車あるあるこんなのどう!?
タイトルとURLをコピーしました