レクサスUX200とUX250hは何が違う?

UX200とUX250hは何が違う?UX

知ってました?ディーラーの下取り査定のみで車を手放すと大きく損をすること

本当はもっと高く売れた車なのに、相場より安く買いたたかれていたことに気付いていないケースも珍しくありません。

買取相場を知らなければ、ディーラーで提示された下取り査定額が安いこともわからないため、愛車の本当の価値を知らないまま手放しているオーナーも多いです。

無料一括査定であれば、それぞれの特徴をもった複数の買取店が競合するため、愛車の最高額が簡単にわかります。

ネット上で買取相場の確認もできるため、売るタイミングを検討したい方や大まかな価格を知りたいという方にも無料一括査定を試してみる価値は十分にあります。

 

\買取相場をWeb上で確認できる/

2018年末にコンパクトクロスオーバーとしてレクサスのラインアップに加わったUX。

パワートレインは、2.0L直列4気筒のUX200と2.0L直列4気筒にハイブリッドを組み合わせたUX250hの2種類。

価格はUX200が390万円~、UX250hは425万円~とレクサスの中では価格が抑えられているモデルとなっています。

しかし、このUX200とUX250hは何か違いがあるのか?

少し気になったので調べてみました。

スポンサーリンク

レクサスUXとは?

レクサスUXとは

画像:レクサス

レクサスUXは、トヨタが高級車ブランドとして展開しているレクサスから発売されたクロスオーバーSUV。

レクサス史上最もコンパクトであり、そのベースはトヨタから販売されている人気のコンパクトSUVであるC-HRがベースとなっています。

レクサスのSUVというとLXやRX、NXをイメージする方も居るかと思いますが、今回のUXはどちらかというとNX寄りのカジュアルなデザイン、ベビーNXともいえる作りです。

UX200の大きさ

UX200の大きさはどのくらいなのか、まずはボディの大きさから見ていきましょう。

UX200は全長4,495×全幅1,840×全高1,540mmの大きさで、重量は1,470kgです。

数値だけでは分かりにくいので、レクサスNXのボディサイズと比較してみましょう。

UX200NX300
全長(mm)4,4954,640
全幅(mm)1,8401,845
全高(mm)1,5401,645

レクサスNXは全長4,640×全幅1,845×全高1,645mmの大きさです。

こうして見てみるとレクサスUXはNXに比べて全長が145mmほど短く、全幅に関してはわずか5mmの違い、全高は105mmほど低い作りとなっています。

コンパクトSUVと謳っているだけあって小さめに作られていますが、全幅に関してはNXとそこまで差がないというのが意外です。

UX250hの大きさ

UX250hの大きさについては、基本的にUX200と変わりません。

というのも、UX250hは名前からもわかる通りガソリン車のUX200にハイブリッドシステムを搭載したハイブリッド車であるからです。

基本的には変わらないのですが、重量のみ変化がありUX250hは1,550kgとなっています。

UX200UX250h(2WD)
重量(kg)1,4701,550

ハイブリッド車はガソリン車にも搭載されている補機類用バッテリーの他、走行用モーターに電力を使う駆動用バッテリーを車に搭載する関係でどうしても重くなりがちです。

一般的にハイブリッド車の重量は平均で1,475kgほどですので、UX250hの1,550kgの重量は極端に重いということはありません。

UX200とUX250hの装備品は共通?

UX200とUX250hの装備品は共通なのか、あるいは2台でそれぞれ違うのかについて触れていきましょう。

UX200とUX250hの大きさは同じという話はしましたが、装備品についても両者とも共通です。

では、具体的にどのような装備品があるのか、今回は安全装備について見ていきましょう。

UX200とUX250hの安全装備

レクサスセーフティシステム+

画像:レクサス

UX200とUX250hの安全装備パッケージとしてレクサスセーフティシステム+というものがあります。

このレクサスセーフティシステム+はミリ波レーダーと単眼カメラの構成でさまざまな危険に対して回避、もしくは被害軽減を手助けする機能があります。

ドライバーに安心感をもたらす予防安全システムについていくつかを紹介します。

プリクラッシュセーフティ

1つ目はプリクラッシュセーフティという機能。

これはミリ波レーダーと単眼カメラを用いて車や歩行者を検知し衝突する危険がある場合は警報ブザーやブレーキアシスト、自動ブレーキなどでドライバーに注意を促し衝突被害を軽減、または回避させるというものです。

因みに、自動ブレーキが作動する条件としては車の場合は50km/h、歩行者の場合は40km/hで作動します。

レーンディパーチャーアラート

レーンディパーチャーアラートとは、道路上の白線を単眼カメラで認識しウインカー操作なしで車線をはみ出してしまう場合にステアリングを振動させたり、警報ブザーで警告音を出すなどの動作をしてドライバーに注意を促す機能。

初心者の方でも車線内走行がしやすいようにアシストしてくれるだけでなく、思わぬ事故も防いでくれるドライバーに優しい機能です。

アダプティブハイビームシステム

アダプティブハイビームシステムとは、対向車や前車に対してハイビームによる眩しい光を当てないように光検出用カメラで検知し、光量を自動で調節する機能です。

適度に視界を保ちつつも、前車や対向車に対する配慮も忘れないこの機能はドライバーにとってありがたい機能です。

レーダークルーズコントロール

レーダークルーズコントロールとは、ミリ波レーダーと単眼カメラで前車を認識し設定した速度で自動で巡航してくれる機能。

いわゆるクルコンなどと略されるこの機能は、長距離走行時における疲労軽減にもつながります。

まとめ

レクサスUX200とUX250hの違いはガソリン車かハイブリッド車か、ということとそれにより重量が若干異なる、ということ以外は大きな違いがありませんでした。

また、レクサスUXには安全装備が充実しており、あらゆる危険なシチュエーションで被害を軽減、または回避することができます。

安全にも考慮されたレクサスUX、どちらも非常におすすめしたい1台です。

「お得に車を買い替えるコツ」それは一括査定を上手く活用することです

車を買い替える際には注意することがあります。

それはディーラーの下取り査定のみといった、1社だけの査定で売ってしまうと大きく損をすることです。

本当はもっと高く売れた車が、数十万円も安い価格でディーラーに下取りされています。

一括査定を活用すれば、「SUVの買取に強い買取店」「ミニバンの買取に強い買取店」「軽自動車の買取に積極的な買取店」といったそれぞれの特徴をもった買取店が競合するため、愛車の最高額が簡単にわかります。

一括査定を利用し査定依頼をしても料金が発生することなどはなく、無料で利用できます。

また、愛車の買取相場を知っておけば、その買取相場をもとにディーラーとの下取り価格交渉にも活用することができ、良い条件を引き出せる可能性が高いです。

少しの時間をかけるだけで大きなメリットがあるので、一括査定を試してみる価値は十分にあります。

 

\ネット上で買取相場がすぐにわかる/

 

「新車が欲しいけど予算内に収まらない!」という方は新古車が狙い目

どんなに交渉しても予算内に収まらないという方は、新古車(未使用車)を検討してみましょう。

新古車とは、ナンバーが登録済みの未使用車のことで、走行距離も少なくほぼ新車同然の中古車を指します。

しかし、ディーラーで「新古車ください」なんて言っても出てくるわけがありませんし、一般人の私達が新古車を探してもなかなか上手く見つけ出すことは難しいです。

そういった場合に上手く活用したいのがズバット車販売です。

ズバット車販売

インターネット上で掲載されている中古車情報は全体の約30%ほどです。

ズバット車販売なら、残りの70%の非公開車両情報から今狙っている車種の新古車を探すことも可能です。

アフターサービスや保証も充実しているため、自分にピッタリの新古車をお得に、そして安く探すことができます。

 

\もちろん無料で利用できます/
スポンサーリンク
UX レクサス
フォローする
車あるあるこんなのどう!?
タイトルとURLをコピーしました